【株式相場】中東タンカー攻撃で石油関連株買われる

寄り付き

日経平均株価、21000円を割り込むが、その後反発、プラス圏へ。

 

中東タンカー攻撃で原油関連株が買われる。

 

個別保有銘柄

「JXTGホールディングス」昨日底割れ寸前まで下げましたが、今日は上昇しています。

 

高齢者向け新免許関連で急騰していた「カーメイト」が急落。

 

また今回も売りそびれてしまったようです

 

・・・もうひと伸びこーーーーーい!(絶望的)

 

大引け

日経平均、84円高の21116円と薄商いの中、小じっかりで終了。

 

中東タンカー攻撃で海運株が軟調

 

一方、石油株が上昇「出光興産」2%高。

 

保有株の「JXTG」の方は0.3%高と今ひとつでした。

 

個人的な今日の取引

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」500円購入。

 

「NEXT FUNDS 外国REITS&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信」を10口購入。(ETFです)

 

 

投資信託を(営業日に)毎日500円購入。ETFを第2第4金曜日に買っています。

 

【株式相場】日経平均続落

寄り付き

米株式安を嫌気して続落も下げ渋り。先物買いが入ってきている模様。半導体原油関連が安い。

 

個別保有銘柄

アイ・オー・データ」が高い(+4.7%)。理由は不明ですが、多分ドラクエ関連のこれかな?

5/29 株式新聞

この日はスマホ向けゲーム「ドラゴンクエスト ライバルズ」の開発をサポートしたトーセ<4728.T>も急騰した。位置情報ゲームはバッテリーを大きく消費するため、モバイル充電器のエレコム<6750.T>やアイ・オー・データ機器<6916.T>などもマークしたい。

 

「JXTGホールディングス」が続落(-4%)。目先底値の500円を割り込んだら下げが加速しそう。

 

昨日ストップ高水準の「カーメイト」、今日は利益確定に押されている模様(-4.7%)。個人的にはもうひと伸び有りそうな気がしますが、あまり欲張ってるとまた売りのタイミングを逃してしまいそう。

 

前引け

香港株下落に引きずられて日経株価下げ幅拡大、21000円を割り込んで前引け。相変わらず外部環境に翻弄される情けない日本株式市場。

 

 

もはや日本は経済大国とは言えなくなりつつありますね。すべては政府、政治家の国民経済に対する愚作、怠慢の成せる業。

 

このデフレ不況下に消費増税とか、どんだけ経済音痴よ。

 

 

大引け

後場、香港株上昇に連動して切り返すも2日続落。終値は、21032円と節目の21000円をかろうじてキープして引けました(日銀のETF買い観測の情報も有り)。

 

移動平均は一応ゴールデンクロスしたようですが、十字ロウソク足で上下どちらに進むか気迷い感のある相場でした。

 

 個人的な今日の取引

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を500円購入。

 

【株式相場】日経平均、機械受注増加発表でプラス転換

寄り付き

朝安で始まるも、8:50分機械受注増加発表でプラスに転じる。

 

注目株

はてな」が急進(+14.8)。NTT東日本が28日から始める「クラウド導入運用サービス」に採用と発表。今後の収益貢献期待で買われた。

 

・・・はてな、やるじゃん。

 

個別保有銘柄

「カーメイト」が昨日に続き急騰(+16.2%)。ここは忘れた頃に間欠泉のように吹き上がるんですよね。で、欲をかいてるといつの間にか萎んでしまってて、結局売りそこねてしまうんですけどね。・・・もうひと吹きしたら今度こそ売却しよう。

 

伊藤忠」が取得上限4000万株の自社株買いを材料視され、2%上昇。

 

原油価格の下落で「JXTG」が売られました。

 

昨日値上がりした金融、銀行関連が総じて軟調

 

大引け

4日ぶり反落、21129円(-74円)。朝安後、反発するも、中国市場軟調に押され、大引けで大きく売られて終了しました。

 

 

個人的な今日の取引

楽天・全米株式インデックス・ファンド」500円購入。

 

【株式相場】日経平均反落で始まるも切り返しプラス圏

寄り付き

日経平均寄り付き、利益確定売りが出るも切り返しプラス圏へ。

 

今日は特に重要な経済指標もなく、買い一服で動きの乏しい展開になりそう。

 

今夜、明日以降の経済指標待ちですね。

 

注目経済指標

6/11 21:30 米国生産者物価指数(PPI

6/12  8:50 日本機械受注 

6/12  10:30 中国消費者物価指数(CPI)

 

 

前引け

為替円安を追い風に続伸、自動車輸出関連が上昇。73円高の21200円でした。

 

 

個別保有銘柄

マネックスG」が4.6%上昇。メキシコ関税見送り、など波乱通過で金融、証券セクターに買いが入って来ているようです。

 

「カーメイト」が10%上昇。最近音沙汰なしのこの銘柄がなんで急に来ているのかと思ったら、「高齢者向け新免許創設で刺激」とのことです。でも具体的に何が好材料で買われてるのか今ひとつ不明です(多分ドライブレコーダー関連かな?)。

 

 

大引け

日経平均21200円。後場も崩れることなく、陽線を付けて25日線を突破した形で終了。

 

輸出関連が中心に買われた感じでした。

 

内需、小売セクターは総じて今日も弱めでした。

 

それと米長期金利上昇に安心感が出て銀行セクターが上昇。

 

日経平均の次の上昇めどは、75日線どころの21500円。経済指標やG20、米中会合で波乱がなければ難なく突破できそうな感じですが、さてどうなるでしょう。

 

 

個人的な今日の取引は

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」500円購入のみでした。

 

 

 

 

【株式相場】日経続伸、米国利下げ期待とメキシコ関税見送り

日経平均寄り付き

メキシコ関税見送り、米国市場上昇の流れを受けて、日経平均が21000円回復。自動車、輸出関連総じて上昇しています。

 

躁うつ病患者の「ミスターマーケット」さん、きょうは躁状態のようですね。

 

 

個別保有銘柄

石油関連の「JXTG」が2%越え上昇。

 

日産自動車」も一時2%高に上昇しましたが、その後値を消し、上値の重い展開。やはり、ルノーとの人事をめぐる対立懸念がくすぶっているようです。

 

反面、「NTTドコモ」が2%下落。「違約金を現在の9500円から1000円以下にする」報道が相当ひびいているようです。

 

「みずほ」、「UFJ」など銀行関連やや軟調。米長期金利の低下で連想売りが出ているようです。

 

 

大引け

続伸、2週間ぶりに21000円を回復して引けました。

 

朝方2%下落した「NTTドコモ」、その後値を戻してきたものの、結局マイナス1%で今日の取引を終えました(ソフトバンクKDDIも下落)。

 

一方、携帯電話新規参入の「楽天」がポジテブとされ上昇。違約金9500円→1000円未満報道で明暗分かれた形に。

 

 

今週も外部要因のみで(輸出関連中心に)買われるという、情けない状況で始まった日経平均ですが、その反面、内需の「セブン&アイHD」など小売セクターが今ひとつさえない動きのように感じました。「衆参ダブル選挙なし、消費増税予定通り」報道が少なからず影響していると思われます。

 

 

個人的な今日の取引は

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」500円購入のみでした。

 

 

 

【株式相場】米株式、メキシコ関税の導入先送りを検討報道で続伸

日経平均寄り付き

メキシコ関税先送り報道を受けてプラスで始まるも上値の重い展開。

 

やはり節目の21000円の壁が分厚いようで、ここを突破するのは、なかなか容易ではなさそうな感じです。

 

消費増税延期とか、サプライズでもあれば一気なんですがね・・・(絶望的)。

 

 

個別保有銘柄では、石油関連の「JXTG」、自動車関連の「日産」「三菱自」が値上がり。

 

UFJ」「みずほ」など銀行関連、「ハウス食品」「アルペン」「四電」など食品、電力、内需関連がやや軟調

 

 

後場大引け

後場寄り付き、一段高で開始しましたが依然上値が重く、きょう発表される「米雇用統計」を見極めたい感のある相場の動きでした。

 

前場につづき、外需が買われ内需が売られる展開の中で、スポーツ用品関連の「ゼビオ」が値を上げてきました(理由は不明)。

 

 

個人的な今日の取引は

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」500円購入。

「マクニカ・富士エレホールディングス」50株購入。

 

「マクニカ・富士エレHD」は経営統合の際、50株の単元未満になってしまっていたのを本日、50株補填購入しました。

 

 

来週も日経は、米中貿易戦争、米メキシコ関税に中国経済指標発表など外部要因に振られる相場になるでしょう(いつもの事ですが)。

 

あと、トランプツイッター砲も(こいつが一番曲者です)。

 

 

 

【株式相場】 米株式市場は続伸、今日の日経は

日経平均寄り付き、マイナスからプラスへ転換したが、上値が重い。TOPIXはマイナス圏。

 

アメリカ、メキシコ高官級協議が合意に至らず」報道で買い意欲をそがれた形です。

 

保有銘柄の中では、「楽天」が+6%と値を飛ばしています。キャッシュレス関連で「楽天Edy」に注目が集まっているようです。

 

フィスコ

スマートフォン決済について、一部メディアが初のランキング調査を実施した
と伝わっている。報道によると、普及度や店頭での使い勝手を聞いた利用者調査の1位は「楽天Edy」だったようだ。また、JR東日本楽天は5日、2020年春に楽天スマートフォンアプリ「楽天ペイ」でJR東日本電子マネーSuica」にチャージし、鉄道の改札を通れるようにすると発表。キャッシュレス関連の位置づけが一段と高まっており、引き続き注目しておきたいーー

 

FCAルノーとの経営統合撤回ニュースで「日産」「三菱自動車」が売り先行。特に三菱自の下げがきついです。

 

 

追記

後場も小動きで上値の重い相場。終盤売りに押されて結局、小幅マイナスで引けました。

 

やはり、外部要因(パウエルFRB議長発言)で跳ね上げた相場では21000円の節目を突破するには力不足を否めません。

 

ここで、あまりモタモタしているようだと再び売り圧力に押される心配ありです。

 

 

個人的な今日の取引は「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」500円購入のみでした。